矯正歯科で抜歯をするメリット・デメリット

矯正歯科で抜歯をすると矯正に十分なスペースを確保できるのがメリットですが、腫れや痛みがあるのがデメリットです。

矯正を成功させるコツ

no.1

信頼できる医師を選ぶ

カウンセリングに時間をかけたり、事前検査などをしっかり行ってくれる医師は矯正治療を任せるのに最適です。  

no.2

予約通りにきちんと通う

キャンセルなどを行わず予約通りにきちんと通うと、計画通りに矯正が進み成功させることができます。

no.3

矯正装置を正しく装着する

特にマウスピースタイプの矯正装置は自分で取り外しできるため、正しく装着する必要があります。

no.4

口腔内の環境を清潔に保つ

歯周病や虫歯になると矯正治療が遅れてしまうため、普段よりも丁寧に歯磨きをして口腔内の環境を清潔に保つ必要があります。

no.5

矯正後のケアもしっかり行う

治療が完了した後も、後戻りしないように決められた期間リテーナーを装着しなければいけません。

歯科矯正

歯を抜かれることもある

歯科クリニックで矯正を受けるときに、気をつけなければいけないのは抜歯の有無だといえるでしょう。歯並びを治すということは、出っ張っていたりデコボコだったりする歯の位置をまっすぐに変えることです。本来ならば、歯を抜かずにまっすぐにするべきなのですが、どうしてもほかの歯が邪魔で矯正ができないことがあります。そのときは、抜歯をすることになるので、矯正を受けたいときは歯を抜かれることを覚悟しておきましょう。もちろん、歯科クリニックで診てもらった段階で、抜歯が必要なのかどうかを判断してくれます。矯正を受けたいなら、判断に従うしかないのでドクターの話を聞いて納得するようにしましょう。ただ、矯正して歯を移動させる時間を余分にかけることで、抜歯をしなくても済む場合もあります。どうしても抜きたくない事情がある場合はドクターに相談をしてみましょう。

歯を抜くのはキレイにするため

『歯並びを治したいだけなのに抜歯をされるのは納得できない』と考える方もいるかもしれません。しかし、歯並びをキレイにするために抜歯を行う必要があるのを忘れてはいけないでしょう。つまり、矯正のために歯を抜かなければ、理想通りのまっすぐな歯並びにならないかもしれないのです。歯を残すのか歯並びをキレイにするのか天秤にかけて、自身にとってどちらが重要なのかしっかりと考えましょう。ちなみに、一つの歯科クリニックで抜歯が必要だといわれても、ほかのところでは一切必要ないといわれることもあります。もしも、その可能性を探りたいなら、いろいろな歯科クリニックのカウンセリングを受けて、歯の状態を診てもらいみましょう。もしかすると、ドクターが抜歯は必要ないと判断してくれて、歯を抜かずにキレイでまっすぐな歯並びにしてもらえるかもしれません。

名古屋のおすすめ歯列矯正NAVI

歯並びを綺麗にする矯正を受ける為に抜歯が必要な意味を知ろう

思いっきり笑える あなたになれる! 特選インビザラインクリニック 【名古屋編】

体験レポートを掲載名古屋でインビザラインを受ける参考になる

広告募集中